story 不正出血のよくあるケースと原因

次に、2つめです。月経と月経の間に少しの出血がある場合です。この場合は、少しの出血なので「中間期出血」である可能性が高いです。毎月5日以上続いている場合は、排卵機能が乱れている可能性もあるので、産婦人科に行き、軽い排卵誘発剤を投与してもらうこともあります。3つめのケースに移ります。次のケースは絶えず茶色いおりものがでている場合です。この場合は卵巣からのホルモンが足りていない事が原因で起こる、「卵巣機能不全」である可能性があります。これは、卵巣で作られるホルモンのバランスが悪いことによって、子宮内部が出血している状態です。しかしながら、「卵巣機能不全」はお薬を飲むことによって、治療することができます。それ以外の可能性としては、「子宮頸管ポリープ」の可能性もあります。この場合は、切除する必要性がありますが、良性の腫瘍なので安心して手術に挑むといいです。婦人科は行くのに抵抗があり、敬遠されるケースが多いですが、最近では、女医さんのいる婦人科やレディーズクリニックもたくさんできています。パートナーがいる人はパートナーの為にも、いない人も将来の事を考えて、ぜひ病院へ足を運んでください。

粗大ゴミ 千葉

ブランド買取

歩きやすい靴

心療内科 大阪

ネイル 求人

リンク